EXCELマクロでセルの値を操作する方法!取得と設定の基本

エクセルのマクロを使って作業を自動化していく上で、セルの値を操作することは必須事項と言ってもいいですね。

本記事では、「マクロでセルの値を取得・設定する方法」について解説します。

1.セルの値を取得する

こんにちは。エクセルマン・ブリーダーのしもむぎ(@re_znd13)です。

まずはセルの値を取得する方法から見ていきましょう。

セルの値を取得するにはいくつかの記述方法があります。

ひとつはRange(“A1”).value。これでA1セルの値を取得できます。

もうひとつはCells(1,1).value。これは1行目の1列目のセルを表すので、上と同じくA1セルの値ということになります。

使い分けですが、範囲指定まで見越した使い方をしたい場合は前者、○行目や△行目を変数としたい場合は後者がオススメです。

2.セルの値を設定する

次にセルの値を設定する方法を見てみます。

前章で見てきた取得の方法と似ていますが、以下のように記述をします。

Range(“A1”).value = 1

Cells(1,1).value = 1

どちらも左辺はセルの値を表すのでしたから、この例では、それが1ですよと記述することでセルに値を1と設定することができます。

3.まとめ

本記事では、「マクロでセルの値を取得・設定する方法」を解説しました。

シンプルですが、とてもよく使うことになるので、ぜひ押さえておきましょう。